十日町 名代生そば 由屋。並んでも食べたい 老舗そば処の絶品へぎそば。

リンク広告




2018年の大晦日、ちょっと早めの年越し蕎麦を食べに新潟県十日町市へ。

十日町といえば新潟県でも屈指の蕎麦処、この由屋がある道沿いだけでも何軒もの蕎麦屋さんが立ち並んでいます。

十日町の蕎麦は へぎそば といいます。

県外の方には「???」だとおもいますが、十日町では「そば=へぎそば」というくらい生活に根付いています。

由屋のメニューの1ページにも、へぎそばの由来が書かれています。

織物産地としても有名な十日町、その織物の仕上げの糊付けに使われていたのが布海苔(ふのり)です。

この布海苔をつなぎとして使っているのがへぎそばの特徴のひとつです。

メニューはシンプルで、蕎麦と天ぷらのみ。

ざるもありますが、ほとんどの人がへぎを注文しています。

天ぷらも是非食べて欲しいメニューです。

温かいそばもありますが、布海苔つなぎの喉ごしの良さを存分に味わえるのは、やっぱり冷たいへぎそばでしょう。

二人で小へぎと天ぷら1人前を注文、すぐにこのセットが運ばれてきます。

ここで薬味に注目です!

ここ十日町では、そばの薬味はわさびではなく辛子なんです。

初めて来店したときは「辛子?合うのかな?」と思いましたが、これがまたベストマッチ!

他のそばではどうかわかりませんが、十日町のへぎそばには辛子が間違いなく合います。

漬物と黒い小鉢はいつでも付いてきますが、カラフルな小鉢(はりはり漬け)は予約した時だけのサービスです。

テーブルにはこんな薬味も揃っていますのでお好みで。

これが十日町のへぎそばです!(小へぎそば 2人半前)

長い蕎麦を一口大に細長くまとめて(手繰り)、片木(へぎ)と呼ばれる器に盛り付けられているのが特徴です。

ここ由屋のへぎそばは、ひと巻が大きくてボリュームがあります。

へぎの高さより蕎麦がはみ出るくらいに盛られています。

少し緑がかった細めの蕎麦で、ツルツルっとした喉ごしがたまりません。

どんどんいくらでも食べれちゃいます。

天ぷら1人前、嬉しいことにシソ巻きのエビ天が2本入っています。

二人ならこの一皿でちょうどいい量です。

野菜は季節によって違いますが5種類ほど入っていて、どれもサクサクパリパリです。

ここ由屋は混んでいても手際が良く、料理が運ばれてくるのが早いですよ。

小上がり席の窓から見える風景、年末大寒波で田んぼも一面真っ白な銀世界です。

十日町は新潟県でも豪雪地帯として有名なところですから、これからもっと雪深くなっていくことでしょう。

店舗情報

【TEL】       025-758-2077

【営業時間】 10:30~18:30LO

【定休日】    火曜日(祝日の場合は営業)

【席数】       50席(テーブル席・小上がり席)

【駐車場】    40台