新潟弁 『だっけさ』 の意味と使い方。

リンク広告




うさちゃん
ぱんださん、新潟の人がよく言ってる だっけさ ってどういう意味ですか?

全然わかんないんですけど…。

ぱんださん
うさちゃん、だっけさ っていうのはね、簡単に言うと「そうだよね」という意味なんですよ。
うさちゃん
 そうなんですか。

相手の人の言葉に同調するときに使うんですね。

「だよねー。」って感じですね。

ぱんださん
 そうなんですよ。

同調と言っても、嬉しくない事や嫌な事柄に対して使う場合の方がが多いですね。

良いことに関してはすごい!とか驚いた!とか嬉しい!という時に使います。

では、ねこちゃんとわんちゃんの会話例を見てみましょう。

ある日の会話 その①

ねこちゃん
 わんちゃん、いよいよ日曜日は待ちに待った運動会らよ。

ばーか楽しみらねかて~!

(わんちゃん、いよいよ日曜日は待ちに待った運動会ですよ。とっても楽しみですね~!)

わんちゃん
だっけさぁ~ !

リレーも綱引きも、張り切って頑張るて!

(そうですね~!リレーも綱引きも、張り切って頑張りますよ。)

ねこちゃん
でもさぁ、日曜日って天気予報らと雨らんだいね~。

(でも、日曜日って天気予報だと雨なんですよね~。)

わんちゃん
 だぁっけさ~・・・。

(そうなんですよね・・・。)

ぱんださん
 はい、最初の だっけさ~! は、「運動会が楽しみだね」と言うねこちゃんに、わんちゃんが「そうだね、楽しみだね」と同調しています。

次の だぁっけさ~・・・。は、「日曜日は天気予報だと雨なんだよね」と言うねこちゃんに、わんちゃんが「そうなんだよね 雨予報なんだよね」と同調しています。

最初が嬉しい だっけさ、次が嫌な だっけさ となります。

うさちゃん
  なるほど なるほど。他にも会話例ありますか?
ぱんださん
ありますよ~。

では次の会話例を見てみましょう。 

ある日の会話 その②

ねこちゃん
ねぇねぇわんちゃん、この豪邸、誰んちらか知ってっかね?

(ねぇねぇわんちゃん、この豪邸、誰の家だかわかりますか?)

わんちゃん
ぱんださんちらってね。うさちゃんから聞いたて。

ばかいいウチらねっかて。

(ぱんださんの家だそうですね。うさちゃんから聞きました。とてもいい家ですね。)

ねこちゃん
だっけさぁ~。

ぱんださん、自分で作ったみてーらよ。

(いい家ですよね。ぱんださん、自分で作ったみたいですよ。)

わんちゃん
そーいんだかね。ぱんださん、はつめらね!

(そうなんですか。ぱんださん、器用ですね!)

ねこちゃん
だっけさぁ~!

(ほんと器用ですね!)

ぱんださん
最初の だっけさぁ~。も 次の だっけさぁ~!も良い意味で使われ、すごい!驚いた!という例でした。 
うさちゃん
 そんな風にして使うんですね。

私もこれから だっけさ 使ってみまーす。

ぱんださん
ぜひぜひ。

使いこなせると会話も弾みますよ!



コメントの入力は終了しました。