新潟弁 『ふっとつ』 の意味と使い方。

リンク広告




うさちゃん
ぱんださん こんにちは。

柿にヒモ付けて何してるんですか?

ぱんださん
うさちゃん こんにちは。

柿が ふっとつ 採れたんで、干し柿作ってるんですよ。

こうやってヒモでつないで外にぶらさげておくと、美味しい干し柿ができるんです。

うさちゃん
ふっとつ・・・?
ぱんださん
あ・・・うさちゃんはわからなかったですね。

新潟弁で ふっとつ というのは、「たくさん」とか「いっぱい」っていう意味なんですよ。

うさちゃん
へぇ~そうなんですか。

おもしろい言い方ですね。

ぱんださん
ふっとつ はとてもよく使う言葉なんですよ。

会話例、見てみますか?

うさちゃん
見たいでーす。お願いします。

ある日の会話

ねこちゃん
この前の日曜日さぁ、天気いかったっけ、弥彦の菊祭り行って来たて。

(この前の日曜日、天気が良かったので、弥彦の菊祭りに行って来ました。)

わんちゃん
そーいんだかね。どんげらった?

(そうなんですか。どんなでしたか?)

ねこちゃん
ぃやっや、車も人も ふっとつ らったて。

( やれやれ、車も人もいっぱいでしたよ。)

わんちゃん
弥彦の菊祭りって、毎年混むっけね~。

弥彦名物のこんにゃく、食べて来たかね?

(弥彦の菊祭りは、毎年混みますからね~。

弥彦名物のこんにゃく、食べて来ましたか?)

ねこちゃん
鍋に ふっとつ 煮てあってうんめそげらったっけ、10本も食べたて。

(鍋にいっぱい煮てあって美味しそうだったので、10本も食べました。)

わんちゃん
おめさん、また ふっとつ 食べたねぇ~・・・。

(あなた、それはたくさん食べましたね~・・・。)

うさちゃん
弥彦ってこんにゃくが名物なんですね~!
ぱんださん
そうなんですよ。

弥彦神社前のお土産屋さんの店先で、大きな鍋で ふっとつ 煮ているんですよ。

醤油の良い香りがたまりませんよ~!

うさちゃん
今から弥彦行って来ます!

私も弥彦名物こんにゃく ふっとつ 食べたい~!