寺泊 らーめんこまどり すり鉢に入った豪快味噌らーめんが旨い

リンク広告




新潟県長岡市寺泊にあります らーめん こまどり をご紹介します。

寺泊中央海水浴場の前にある 寺泊 魚の市場通り (通称:魚のアメ横) の並びにあり、道を挟んで向かいには寺泊体育館があります。

車は向かいにある海水浴場の駐車場に止められます。

こちらがお店の正面のように見えますが、ここから店内には入れませんので裏側に回ります。

裏側に回るともうひとつの入口があり、こちらから入ります。

玄関を入るとレトロな営業時間の札、この反対側は2階の座敷に続く階段になっています。

1階が混んでいたり、人数が多い時などは2階へどうぞと言われます。

店内は昔ながらの食堂といった雰囲気で、木の札に書かれた手書きのメニューがずらりと並んでいます。

そのメニューの間から顔を出している白い換気扇、やたらといっぱいあるのがなんとも面白いです。

らーめんのメニューは味噌・醤油・塩・豚骨となんでもあります。

トッピングには珍しく なめこ まで。

何らーめんにトッピングするのでしょう・・・やっぱり味噌かな?

一品料理もバラエティにとんでいます。

らーめん屋さんですが、牛タンから 鯨ベーコン まであり、居酒屋として利用しても良さそうです。

鯨ベーコンとは、ヒゲクジラのお腹のしましま模様の部分をベーコンにしたものです。

カニサラダも人気メニューで、レタスの上にカニ足のむき身がたっぷり盛られ、タルタルソースがかかっています。

寺泊こまどりの1番人気メニュー 味噌ラーメン 900円 です。

実は こまどり という名前のらーめん屋さんは、新潟市西蒲区 (旧巻町) にもあるんです。

今や  新潟5大ラーメン のひとつとして数えられるようになった、ニンニクたっぷり炒め野菜たっぷりの 濃厚味噌ラーメン

その原型を作り出したのが、巻こまどりの初代社長なのです。

寺泊こまどりは、巻こまどりがまだ岩室温泉にあった当時、そこで修業し独立したお店ということです。

炒めキャベツとモヤシで麺が見えないほど、細かいひき肉もたっぷり入っています。

ニンニク強めの 赤味噌スープ は、見た目と違ってしょっぱくはありません。

なので、巻こまどりのような割スープは付いてきませんよ。

黄色がかった太い縮れ麺で、食感はシコシコという感じです。

平打ちではなく、丸みがあり弾むような麺になっています。

そして、こまどりと言えばこの すり鉢 です。

巻きこまどりの先代社長が、出前でも冷めにくいようにと考案したものだそうです。

そういえば昔はよく、こまどりの味噌らーめんのことを すり鉢らーめん と呼んでいたんですよ。

かなり大きいすり鉢が使われているので、普通盛りでもすごいボリュームです。

すり鉢の厚みで確かに冷めにくくなっていて、食べ終わるまで熱々が続きます。

らーめんもビッグなら 餃子 もビッグ、お皿からはみ出る勢いです。

5個で600円 ですが、平日限定で 2個240円・3個360円 というメニューもあります。

すり鉢らーめん&一人前餃子だと、かなりのボリュームになりますからね。

卓上には気取らない調味料が並んでいます。

赤い蓋がすりおろしニンニク (食後の予定をよく考えてから・・・)、黒い蓋が味噌ダレになっています。

味噌らーめんに使われているような、赤味噌のタレです。

味噌らーめんに入れたり、餃子のタレとして使っても美味しいです。

餃子や自家製チャーシューはお土産にもできますよ。

以上、寺泊 らーめんこまどり のご紹介でした。

店舗情報

【TEL】       0258-75-2339

【営業時間】11:00~14:00 / 17:00~20:00 (土日祝は19:30まで)

【定休日】   月曜・第1火曜

【席数】      80席

【駐車場】   30台 (長岡市共同駐車場)


コメントの入力は終了しました。